キャッツクロー&マカ いきいきカンパニー
キャッツクロー&マカ通販店
いきいきカンパニートップページキャッツクローマカ・サポートキャッツクロー価格案内購入いきいきカンパニー会社案内
症状とキャッツクロー
 特徴と効果
 膠原病
 手のこわばり
 関節リウマチ
 リウマチと合併症
 腱鞘炎
 腰 痛
 関節炎 関節痛
 偏頭痛(片頭痛)
 坐骨神経痛
 免疫力
 炎 症
 慢性胃炎
  五十肩(肩関節炎)
 逆流性食道炎
 高血圧
 脳梗塞の予防
 アトピー性皮膚炎
 口内炎
  痛 風
 症状とマカ
 特徴と効果
 女性の更年期障害
 男性の更年期障害
 若年性更年期障害
 生理痛
 生理不順
 ED・男性不妊
 微小血管狭心症
 疲労回復
 うつ病
 女性の不妊症
 冷え性
 低体温症
 ホルモンバランス
 エイジングケア
 月経前症候郡(PMS)
 骨粗しょう症
 眼精疲労
 自律神経失調症
 

          アトピー性皮膚炎

炎症の原因は、体そのものの問題であると言えます

アトピー性皮膚炎の症状

カサカサに乾いた肌、掻きすぎてジュクジュクになり血がにじむ肌、たまらないほどに痒いこのアトピー性皮膚炎の「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。
原因には体質的なものと環境的なものとが絡んでいると考えられていますが、まだ詳細はわかっていません。

アトピー性皮膚炎の主な症状は、長く続く湿疹です。湿疹は治ったかと思うと、またひどくなる…といったことを繰り返し、特にかゆみは肘や膝といった部分に顕著に症状が出て、次に、額、目・口のまわり、耳、首、手足の関節部分に症状が出やすく、湿疹が左右対称に出るのが特徴といえます。
世界的に増加傾向にあるアトピー性皮膚炎は、 症状や経過に個人差が大きく、根気強い治療が必要です。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎が発生する原因(ダニ・ハウスダスト・カビ・食物) には、乾燥肌・刺激に弱い・遺伝などの要素・過労・ストレスなどが上げられ、睡眠不足も皮膚疾患を悪化させる要因になります。
アトピー性皮膚炎は、個人の体質によって原因は異なり、共通因子というのは見られますが、インフルエンザの「ウィルス」というような、完全に共通した原因というのが存在せず様々な原因が多岐に渡ってあります。

アトピー性皮膚炎は乳幼児期に始まることが多く、乳幼児は一般的に生後、2〜3ヶ月で発症し、顔面、頭部などにジュクジュクした湿疹を生じ、小児期には目や口のまわり、ヒジやヒザのくぼみなどにカサカサした湿疹が見られる事が多く、思春期・成人期には顔、上胸部、上背部、ヒジ付近など上半身を中心に発疹が出来る人が多くみられます。
乳幼児期に始まったアトピー性皮膚炎が成人期まで続くこともあり、中には成人になってから、免疫調整力の低減によって始まる人もいます。

子どもと大人では原因が違う。

子どもは食べ物の原因が多く、大人は周囲の環境、ストレス、ダニなどのハウスダストが多いと言えますが、大人・子どもともにアトピーは複合的な要素が重なることが多いので、病院で血液検査や皮膚テストを通して原因を突きとめて置くことをお薦めします。

アトピーを遺伝から見たら。
子どもがアレルギーになる確率は、両親ともにアレルギーだと約50%、一方がアレルギーだと約30%、アレルギーのない場合は約10%であったという報告があります。

双子の研究では、遺伝子が同じである一卵性では共にアトピーは77%、遺伝子の違う二卵性では、共にアトピーは15%であると言われています。アトピーは遺伝しやすいのですが、アトピーを起こす遺伝子は1つではなく、全体像はまだ解っておりません。

生活面での注意

添加物、防腐剤の入ったインスタント食品、レトルト食品、加工食品、お弁当なども明らかに体にとっては負荷のかかりやすい状況となっています。
仕事や生活上のストレス、睡眠不足、運動不足、栄養の過不足、特にミネラルの不足が原因とも言われています。
これらの状態、ストレスの過剰状態が継続すれば、やはり、体の機能のあちこちに異常を生じたとしても不思議ではありません。

つまり、アトピー性皮膚炎とは、体の機能、特に前述した免疫機能がうまく機能できていない、もしくは機能の成長が不完全なために、生じている現象とも言えるわけです。
逆の見方をすれば、それら体の機能の異常状態を知らしめる警告信号的な役割も持っているとも考えることができます。

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因に、ステロイド剤などの薬剤により、症状を抑えている場合には、症状が抑えられているために病気が治ったと勘違いしやすく、根本的な原因を改善されていないために、内面では悪化が進む事もありますので、生活改善も図る必要があります。

生活習慣を改善せずにそのまま続けていますと、代謝を下げたり、免疫機能を低下させたり、さらには内分泌機能(ホルモン)、自律神経などにも悪影響を与えることになります。
また、自律神経系のアンバランスは、免疫系にも悪影響を与えることが、医学的にも判明しています。

アトピー性皮膚炎の治療は、日本皮膚科学会が示すアトピー性皮膚炎治療のガイドラインによると、ステロイド剤を中心とする薬物療法が主体となっていますが、ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎により生じた「症状」である、痒みや炎症を治療することはできても、アトピー性皮膚炎の原因そのものを治療することはできません。

アトピー性皮膚炎の最近の実態としては、ステロイド剤の長期連用による副作用に悩む方々は多く、長期間の使用は疑問が残ります。
止める時も徐々に減らしていくなどの、服用にも神経を使う必要があります。
免疫機能が回復すれば、ウィルスや病原菌などにも負けずにすみ、アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息など、現代人に急増しているアレルギー性の免疫疾患、さらにはガンなどに対しても、予防、改善などの期待がもたらされます。

キャッツクローとアレルギー性皮膚炎

アレルギー反応から起きるアトピー性皮膚炎は、体の免疫力を上げ病原菌への抵抗力を増進させ、自然治癒力を活性化させることです。

キャッツクローの 6種類のアルカロイドは、イソテロポデインが最も効果のある物質であることが判明していますが、その他のアルカロイドやフェノール類などの成分と一緒になると、さらに優れた相乗効果を発揮することも知られています。 つまり、アルカロイド単体よりキャッツクローの様にミネラルを多く含むサプリメントのほうが効果があるということです。

免疫機能の活性に、お得な価格のキャッツクローお試しパックからお求めください。

 初回、ご注文時にお届けします参考資料
  ・キャッツクローの詳細(部分コピー)
  ・健康雑誌の記事コピー
  ・冷え性緩和の生活の知恵(レポート)
完全有機栽培、無農薬、無添加、そして純粋100%の最高品質、
カプセルは安心の植物性を採用した健康食品です。

キャッツクローお試しパック キャッツクローお試しパック 
300mg 30カプセル入り¥1.200

2パックで−100
3パックで−200円の割引になります。
キャッツクロー100カプセル入り キャッツクロー100カプセル入り ¥6.500

3個で-1800円、
6個で−5400円の割引になります。
 電話でのご希望の方は、03-3626-2814(株)コイデ
今すぐは購入しないけれど後で又見てみたいので、

配送料:全国一律 200円  商品代金 2.300円以上は無料です。

代引き手数料:全国一律 300円(12.500円以上無料) 
配送方法:郵便、宅急便

決済方法:代金引換郵便、NP後払い 
午後1:00までのご注文は、特別な事情が無い限り当日の発送に
  なります。

営業時間:9:00 - 18:00. 休日:土日・祭日
株式会社コイデ TEL:03-3626-2814 FAX 03-3626-2819


 原産国:ペルー
(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
輸入元:Laboratorios Induquimica S.A Agrobioiogicos
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所
輸入許可:東京免疫所
 いきいきカンパニー(トップキャッツクローマカ・サポート会計のご案内お問い合せ

アトピー性皮膚炎

 スポンサード リンク
いきいきカンパニーご案内メニュー
いきいきカンパニーサイト内の案内
いきいきカンパニー通販法表記
いきいきカンパニー個人情報保護法
いきいきカンパニー返品、不良品交換
いきいきカンパニーお役たちコーナー
健康豆知識
更年期度チェック
ホルモンバランスチェック
健康食品の選び方

冷え性改善の食事
健康度チェック
ストレス度チェック

キャッツクロー
キャッツクロー成分と特性
キャッツクロー副作用と安全性
キャッツクロー産地と栽培法
キャッツクロー研究と歴史
キャッツクロー製造会社
愛用者の声
マカ・サポート
マカ成分と特性
マカ副作用と安全性
マカ産地と栽培法
マカ・サポート研究と歴史
マカ・サポート製造会社
愛用者の声

    Copyriht(C)2007koide Corporation.All Rights Reserved.