ャッツクロー&マカ  いきいきカンパニー
キャッツクロー&マカ通販店
いきいきカンパニートップページキャッツクローマカ・サポートキャッツクロー価格案内購入いきいきカンパニー会社案内
 

       認知症の防止は生活習慣から

 
 

歯の噛み合せ、運動、栄養が大切です。

 
 

認知症は食生活も誘引になります。


男性よりも女性の方が多いと言われる認知症は、食事の嗜好で高カロリー食を長い間続けますと、認知症の危険度は大きくアップします。

基本的には、高コレステロールを避ければ良いと言うことですので、和食を中心に献立を考え、野菜と魚を使った食事が認知症の予防に通じる事になります。

肉も、脂肪の少ない肉にする、高血糖もかなり認知症の因子として重要ですから、甘いものは極力減らした生活をしませんと、脂肪を溜めストレスが重なると脳を傷つける事になります。

そして、毎日、20分以上、汗ばむ程度の有酸素運動をする。外部の刺激を続けるために積極的に友人知り合いと接触を持つ。

これらをきちんと実践できれば、かなり認知症になる確率を下げられることになります。

物忘れを改善する栄養
それからいま一つ、脳細胞に必要な栄養を与えると脳細胞が増殖、分裂することが大阪大学とコーネル大学の研究チームで確認されております。

その、栄養とは一時期、テレビ等で取りざたされていました核酸で、主にサケの白子に多く含まれていますが、僅かならば大抵の食品に含まれているものの一日の必要量2〜3gは到底無理なために、栄養不足で加齢と共に起きる機能低下を防ぐ事が出来ない大きな原因と思われます。

脳細胞の減少は忘れて、如何に脳が必要とする酸素と栄養を奥深くまで送り届ける状態を保つかで、認知症どころか、脳の若返りも可能である事が解っております

認知症の防止にはビタミンB12が必要です。
運動で血液の流れを良くしたり、細い血管にも血液が届くようにサラサラ血液でいるために、玉ねぎや納豆などを毎日摂取することも大切です。
「神経」という名の通り脳のネットワークをよくすれば低下した機能を補い、さらには高めることができるのです。

神経伝達物質の中でも記憶と学習に関わっているのがアセチルコリンですが、このアセチルコリンはコリンと酸素を原料にして作られます。マカに含まれるビタミンB12は、このアセチルコリンを活性化して神経伝達をスムーズにする効果を持っています。

そして、糖質代謝に関与するビタミンB1が不足すると、糖を主要なエネルギー源としている脳や神経系に影響があらわれ、脚気、記憶力の低下、注意散漫などがみられることがありますので、豚肉、うなぎ等で補うようにして下さい。

認知症の種類としてもう一つ代表的なものに、アルツハイマー病がありますが、このアルツハイマー型認知症の患者の脳内にはビタミンB12が少ないことが確認されています。ビタミンB12は、脳のビタミンです。

ど忘れや物忘れがひどくなってきた、人の名前がなかなか思い出せない・・・残念ながら、40代を過ぎると多くの方が経験される機能低下の症状です。

これは脳血管の動脈硬化により、血液循環が悪くなり充分な酸素や栄養が行き渡らずに、脳細胞の働きが悪くなるのが原因とされていますが、この症状が即、通称「ボケ」と言う認知症状とは決定できませんので安心してください。

その証拠に、運動不足の解消や新陳代謝を上げ、昔から言われている血の巡りを良くしますと、何時もより思い出せない漢字の数が少なくなります。

歯の噛み合わせが悪いとアルツハイマーの原因になる。
認知症の予防には認知症とは違いますが、最近の研究では歯の噛み合わせが悪いとアルツハイマーの原因とされるタンパク質の一種、アミロイドベータが、増えるとの記事が、サンケイ新聞に掲載されていました。

元々、歯の噛み合せは、姿勢が悪くなり、姿勢が悪いと内臓に負担が掛かって他の病気の誘引になる事が言われていますので、アルツハイマーだけでなく、健康維持のためにも噛み合せの調整が大事といえます。

勿論、歯周病があれば、そちらを治すのが先ですが、歯周病は認知症のリスクが高まるそうです。

筋肉を鍛えて、筋肉量が低減する事を防ぐ
脳の活性化にはビタミン12を継続的に摂取しながら、年老いても常に何かに好奇心をもつ、生活習慣病に気をつける、出来るだけ多く日記や手紙を書く、食事の時には良く噛んで脳に刺激を与える、そして歩く、骨折などで歩かない期間が長いと脳の働きが悪くなるので転倒に注意する。

いずれにせよ、筋力の低下は転倒だけではなく、筋肉と認知症とは密接に関係していることが解ってきました。

加齢と共に衰える筋肉を鍛えて、筋肉量が低減する事を防ぎますと、免疫力の強化や脂肪の蓄積を妨げる事にもなりますので、筋力を意識する事の価値は高そうです。

利き腕が右なら出来るだけ左手を使い右脳の働きを良くする。
など等で、脳に刺激を与え必要な栄養を摂り認知症を防ぎましょう。

葉酸の摂取も積極的に。
葉酸は、新生児の神経管欠損障害の予防が明らかで、アメリカでは穀類への葉酸添加を義務づけられているほどです。

日本でも、高齢者の動脈硬化、脳血管障害、認知症、骨そしょう症の予防に効果のあることが明らかになっており、厚生労働省でも葉酸の摂取を奨励してはいますが、現在は、まだ知っている人が少ないようです。

その他、ビタミンB12の効果
パニック障害、糖尿病の予防、多発性硬化症、顔面の痙攣、自立神経失調症など。

認知症の自己チェック
1、直前の出来事を忘れてしまう事が多くなった。。
2、自分の居る場所が、以前より判りずらくなった。
3、寒暖の判断が鈍くなった。
4、物忘れをしてもあまり自覚が無くなった。
5、仕舞い忘れを盗まれた様に妄想をする様になった。
6、最近、よく転ぶようになった。

この様な症状を指摘される様になったら、早めに診察を受けましょう。

今は、早い段階でしたらアリセプト薬でアルツハイマー病の進行を止められるタイプもあります。ただし、アリセプトは、初期のアルツハイマー病の進行を1年間遅らせる程度の効果しかないと言われていて、又、問題行動を起こすアルツハイマー病患者全員に効果があるわけでは無いとのことです。

 
いきいきカンパニー案内メニュー
いきいきカンパニーサイト案内
いきいきカンパニー通販法表記
いきいきカンパニー個人情報保護法
いきいきカンパニー返品不良品交換
いきいきカンパニーお役たちコーナー
サプリメントの選び方
冷え性改善の食事
健康度チェック
ストレス度チェック
キャッツクロー
キャッツクローの成分と特性
キャッツクロー副作用と安全性
キャッツクロー産地と栽培法
キャッツクロー製造会社
マカ・サポート
マカ成分と特性
マカ副作用と安全性
マカ産地と栽培法
マカ製造会社

スポンサード リンク
いきいきカンパニー(トップキャッツクローマカ・サポート会計のご案内お問い合せ 

認知症の防止は生活習慣から

    Copyriht(C)2007koide Corporation.All Rights Reserved.