キャッツクロー&マカ いきいきカンパニー
キャッツクロー&マカ通販店
いきいきカンパニートップページキャッツクローマカ・サポートキャッツクロー価格案内購入いきいきカンパニー会社案内
 症状とキャッツクロー
 特徴と効果
 膠原病
 手のこわばり
 リウマチ
 リウマチと合併症
 腰 痛
 関節炎 関節痛
 偏頭痛(片頭痛)
 坐骨神経痛
 免疫力
 炎 症
 慢性胃炎
  五十肩(肩関節炎)
 逆流性食道炎
 高血圧
 脳梗塞の予防
 アトピー性皮膚炎
 口内炎
  痛 風
 症状とマカ
 特徴と効果
 女性の更年期障害
 男性の更年期障害
 若年性更年期障害
 生理痛
 生理不順
 ED・男性不妊
 微小血管狭心症
 疲労回復
 うつ病
 女性の不妊症
 冷え性
 低体温症
 ホルモンバランス
 エイジングケア
 月経前症候郡(PMS)
 骨粗しょう症
 眼精疲労
 自律神経失調症
 
低体温症

低体温症は、ホルモンバランスと筋肉の増量が必要。

低体温とは

人は朝の目覚め時がいちばん体温が低く、午後は体温が上昇していくのが普通ですが、最近は夕方になっても体温が上がらない低体温人間が増えています。
正常な体温の目安は起床時に36.0度以上、夕方(だいたい午後4時)が36.5度以上を下回っている人は注意が必要です。

単に、冷え症ならば、実際に手足の冷えや下腹部の冷えなどで、自覚しやすいのですが、低体温は自覚していない人が多いように感じます。

反対に、低体温症を自覚していても、冷え性を自覚していない隠れ冷え性の人もいます。

低体温による症状の可能性

1、免疫力(抵抗力)が低下し、風邪などの感染症にかかりやす
  くなり、又、花粉症などのアレルギー症状が出やすくなる。
2、脂肪を燃焼しにくくなるために、太りやすくなる。
3、低体温は、細胞の働きが悪くなるので、早く老ける。
4、体温を上げたり、下げたりするコントロールができなくなる。
   内臓の中心部に必要な常温は約37度で、寒いと感じると自律
   神経は体温を維持するために、手足の末梢血管を収縮させて
   内臓の周りに熱を送ります。

   そのため手足は冷えやすくなります。一方、暑さを感じると
   血管を広げて体温を下げる働きをします。
5、ガン細胞が発生しやすくなる、体温が35℃になるとガン
  細胞が活発になる環境になる。
6、妊娠しにくくなる。
  女性の場合は、低体温が妊娠しにくいことの原因にもなって
  いると指摘する専門家もいます。
7、なんとなく不調で、行動意欲が低い。低体温の現状
  女性の40%、男性は25%が低体温症との統計があります。
  50年前の日本人の平均体温は、36.9度あったそうですが、
  現在の平均体温は、36度前後に低くなっています。
低体温の低年齢化が進んでいる現状を表している数値になりますが、原因は、運動不足による筋肉の不足、食事も含めた生活習慣によって起きているホルモンのアンバランスで自律神経の乱れなどが考えられます。

最近、ようやく、低体温は免疫力の低下を招き、風邪を引きやすくなる他、多くの病気にかかり易い重大な問題であることを理解する人が増え、健康食品を製造しているメーカーからも、生姜をベースにした健康食品が相次いで発売されております。

特に女性の場合には、排卵前の低温期が非常に低いケースもありますので、気づきにくいようです。


低体温は女性だけでは有りません。

日本人の平熱は、36度から36.5度ですが、ここ10年ほどで35度台、それも35度台前半の低体温の人が増えています。

女性に多いことは今も変わりませんが、最近は子どもや男性にも増えており、低体温を元凶とする症状は、肩こりから自律神経失調症、花粉症、リウマチなど、又、生活習慣病や肥満に老化を促進します。低体温症の人はがん細胞が最も増殖しやすく、そして、女性にとっては病気ではありませんが、ダイエットの効果が出にくい体質ですから、ダイエットを考えている方は、ご自分の体温をチェックして見る事をおすすめします。

低体温は加齢と共に影響が大きくなります。

低体温のまま、加齢を続けますと、自律神経失調症(ホルモンバランスが影響している事が多い)、生理不順などを招き、特に、若い方が低体温のまま更年期に入ると、重い更年期障害になるなど、低体温を軽く見ていますと、いずれは悩まされる事になります。
糖尿病、アトピー、うつ、がん等の人のお腹を触ると冷たく感じるそうですから。

低体温の原因

低体温は新陳代謝が低い事と、ホルモンのアンバランス、そして、次のような食生活や生活習慣が複合的にからみあい引き起こすと言われています。

1、エネルギーを出す筋肉の不足
2、冷暖房などが整っている住環境
3、熱いお湯に短い時間の入浴、又は、シャワーだけ
4、体を締め付ける下着
5、運動不足による新陳代謝の低下
6、過度のストレスによるホルモンのアンバランス
7、朝食抜き、食べ過ぎなどの乱れた食習慣
8、冷たい物や甘い物の食べ過ぎ
9、身体を冷やす野菜や果物の摂取
10、栄養バランスを無視したダイエット
朝食は睡眠中に下がった体温を高め、日中、活発に脳と身体が働くための重要な役目があります。

とは言え、朝、食欲の無いのに無理やり食べるのも、低体温の人には辛いと思います。

そこで、朝、起き掛けに、あまり熱くないお湯をコップ一杯ほどを飲む事をお勧めします。

この習慣は、胃腸の弱い人に良い結果を得る事が出来ますので、ぜひ、習慣にしてほしいものです。

今は、冬でも夏野菜が売られていて、身体を冷やす事など考えずに食されていますが、こういう食生活の乱れなどが絡み合いながら、蓄積して体調の不調につながるのです。

低体温改善のためのポイント

1、食品
食事は胃腸の動きを活発化し、また消化吸収の際も熱を発生させます。
特に、朝食は早く体温を上昇させてくれますので、身体を温める食品を摂る様にしましょう。(生姜、ニンニク、カボチャ、茸、山芋など)加工精製食品は、多くのビタミン・ミネラルが洗い流されています。

現代の日本人は、タンパク・脂肪・糖質は過剰摂取と言われるほどに取っていますが、ミネラル・ビタミンは不足傾向にあると言われています。

特に、女性はホルモンバランスを保つために、大豆製品などを頻繁に摂られると良いでしょう。

2、栄養
低体温の人は、ブドウ糖を円滑にエネルギーにかえられません。円滑にエネルギーに変えるために必要不可欠な栄養素は、亜鉛・鉄・セレンなどのミネラルと、ビタミンB1・B2などのビタミンです。

3、筋肉
低体温の人は、エネルギー生産能力が低く、血液が適切に温まらないことがあります。筋肉量を増やしてエネルギー発生系の能力を高め、正常に暖められた血液を循環させることも必要です。

体の熱の7割ちかくが筋肉から生み出されていますが、運動不足で筋肉を使わなかったり、筋肉量が少ないと熱が生み出されず低体温になってしまいます。

4、ストレス
ストレスや不規則な生活で自律神経のバランスが乱れると、交感神経が働きにくくなり、血管の収縮をうまく調節できず熱が逃げてしまいます。

ストレスは体温を調節する自律神経にも影響しますから、ストレスとうまくつきあうことも重要です。

低体温のひとは運動不足とストレス解消をかねて、ウォーキングなど軽い運動を続けましょう。

低体温を、冷え性と捕らえて手当てをしませんと、 末梢血管が収縮したままになり、低体温に陥ります。

低体温改善のためのポイント
低体温の改善に一番のポイントは運動で筋肉を増やす事ですが、気力が沸かなければ、普通は運動する気にはなれません。

そこで、紹介しますマカは、ホルモンのバランスを整える作用で、自律神経のバランスを整え、体力と元気を取り戻してくれます。

マカに含まれている、ブドウ糖を円滑にエネルギーに変えるミネラルやビタミンなどの養分と、ホルモンバランスが整う事とで、新陳代謝も良くなり血液が末端までまわる様になります.。

低体温を改善すると

低体温の人が、体温を1℃上げるだけで、免疫力は、5倍以上も上がり、生命を維持するために必要な活動のすべてに関与している、体内に5000種類以上ある酵素が、活発に働くようになるので、全身の働きが正常に保たれ、病気になりにくくなります。

芸能人の間で評判の鍼灸師が、「病気の原因は体の冷え」と言い切るほど、体温は体調に大きな影響があります。
心配事がある訳でも無いのに、なんとなく元気が出ないのも体温が低いのかも知れません。

36.5度台の基礎体温のひとは、 新陳代謝が活発で、活動的なうえ免疫力も高く、病気になりにくい状態を保ちます。

最近、「体温を1度上げると健康になる」という本が32万部も売れているそうですから、低体温への認識が増えている事は、喜ばしいことです。

マカと低体温

低体温の改善に一番のポイントは運動で筋肉を増やす事ですが、気力が沸かなければ、普通は運動する気にはなれません。

そこで、紹介しますマカは、ホルモンのバランスを整える作用で、自律神経のバランスを整え、体力と元気を取り戻してくれます。

マカに含まれている、ブドウ糖を円滑にエネルギーに変えるミネラルやビタミンなどの養分と、ホルモンバランスが整う事とで、新陳代謝も良くなり血液が末端までまわる様になります.。

低体温に、お得な価格のマカ・サポートお試しパックからお求めください。
  初回、ご注文時にお届けします参考資料
  ・マカの詳細(小冊子)
 ・健康雑誌の記事コピー
 ・冷え性緩和の生活の知恵(レポート
完全有機栽培、無農薬、無添加、そして純粋100%の最高品質、
カプセルは安心の植物性を採用した健康食品です。
マカ・サポートお試しパック
380mg 30カプセル入り¥1.200

2パックで−100
3パックで−200円の割引になります。
マカ・サポート100カプセル入り \6.500

3個で-1800
6個で−5400円の割引になります。
電話でのご注文をご希望の方は、03-3626-2814(株)コイデ
配送料:全国一律 200円  商品代金 2.300円以上は無料です。
代引き手数料:全国一律 300円(12.500円以上無料) 
配送方法:郵便、宅急便

決済方法:代金引換郵便、NP後払い 
午後1:00までのご注文は、特別な事情が無い限り当日の発送に
  なります。

営業時間:9:00 - 18:00. 休日:土日・祭日
株式会社コイデ TEL:03-3626-2814 FAX 03-3626-2819
 原産国:ペルー
(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
輸入元:Laboratorios Induquimica S.A Agrobioiogicos
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所
輸入許可:東京免疫所
 いきいきカンパニー(トップキャッツクローマカ・サポート会計のご案内お問い合せ

低体温症

スポンサード リンク
株式会社コイデ
いきいきカンパニー問い合わせ
いきいきカンパニーご案内メニュー
いきいきカンパニーサイト内の案内
いきいきカンパニー通販法表記
いきいきカンパニー個人情報保護法
いきいきカンパニー返品、不良品交換
いきいきカンパニーお役たちコーナー
健康豆知識
更年期度チェック
ホルモンバランスチェック
健康食品の選び方

冷え性改善の食事
健康度チェック
ストレス度チェック

キャッツクロー
キャッツクロー成分と特性
キャッツクロー副作用と安全性
キャッツクロー産地と栽培法
キャッツクロー研究と歴史
キャッツクロー製造会社
愛用者の声
マカ・サポート
マカ成分と特性
マカ副作用と安全性
マカ産地と栽培法
マカ・サポート研究と歴史
マカ・サポート製造会社
愛用者の声

    Copyriht(C)2007koide Corporation.All Rights Reserved. 上部に戻る